• すえふじ小児科

研修 外来トリアージ・BLS研修会(パート2)外来トリアージ


熊本県小児科医会 外来トリアージ・BLS研修会の続きです。

報告2回目の今日は、

外来トリアージ:重症度と緊急度を迅速に見分けること です。

トリアージとは、フランス語のtriage「最善のものを選別する」が語源です。

災害時などに耳にされた方も多いかもしれません。

多くの患者さんがいる中で、限られたスタッフでも重症度、緊急度などによって治療の順番や対応を判断し、できるだけ多くの患者さんの治療を可能にする方法です。

小児科外来のトリアージでは…

小児科の外来で1番大事なことは「患者様の緊急度を見極めること」

ステップ1.第一印象 ~ 歩いてくる様子や顔色、あれ?いつもと違うぞ!?というところを見逃さないように注意しています。緊急度や重症度を見極める重要な第一歩です。

ステップ2.感染管理と来院時の症状把握  当院では必ず診察前にお話を伺います。「ブツブツがあります」「園でおたふくが流行していて、耳の下を痛がり始めました」などの情報は、受付の時点で教えて頂くととても助かります。

その情報を元に、緊急度が高くないか、隔離の必要がないか?

お熱や酸素飽和度、血圧を測る必要がないかもここで判断します。

問診時に必要な情報を引き出し、適正な判断をすることを常に心がけています。

重症で緊急度の高い患者さんへの素早い対応を!

軽症であっても、ご相談だけであっても、出来るだけ待ち時間を短く!

これを実現する為には、このトリアージが役に立つのです!

今回は初めて事務スタッフ、保育士も参加しました。

受付に立つスタッフ、問診を伺うスタッフ皆でスキルを上げていくことで、よりスムーズな質の高い対応が出来ると思います!

万が一、待合室で「待っている間にきつそうになってきた」「このまま待っていていいのか??」など、ご心配な状況の時は、遠慮なくお声掛けください!!

#病気 #スタッフブログ

20回の閲覧

熊本市中央区小児科

〒862-0941 熊本市中央区出水1丁目5-38(1F)
TEL (096)371-9912

Copyright 2009 すえふじ医院 小児科 All Rights Reserved.