• すえふじ小児科

日本脳炎ワクチンについて


蚊が飛び交う季節が近づいていますね。

この季節に接種が増える、

日本脳炎ワクチン

当院では、日本脳炎ワクチンは

生後6ヶ月からの接種

をお勧めしています。

理由は、

①熊本は日本脳炎ウィルスを保有する豚が多い。(保有率50%以上。)

②罹患者の報告数は、年間2名程度。多い年は9名の報告があり、熊本の方も数件

含まれる。(2006年の3件がピークで、ここ数年は1~2件。2015年は0件。)

③罹患年齢をみると、65歳以上の高齢者か学童幼児である。(2015年千葉県での発症は1歳未満児。)

そして・・・小児科学会のホームページ上に、

日本脳炎流行地域に渡航・滞在する小児、最近日本脳炎患者が発生した地域・

ブタの日本脳炎抗体保有率が高い地域に居住する小児に対しては、生後6か月から日本脳炎ワクチンの接種を開始することが推奨されます。

と載りました。

どの年齢で始めても、初年度2回、翌年1回の規定の回数を接種することが大切です。生後6ヶ月の方も公費接種の対象となります。

当院は日本小児科学会の指針に沿い、案内しております。

ご不明な点、ご質問などありましたら、お声かけください。

下記も参考にされてください!!

日本小児科学会、日本脳炎の記事はこちら 

↓↓

生後6か月からの日本脳炎ワクチンの推奨について

予防接種予約サイトはこちら

#予防接種乳児健診 #子育て #病気 #スタッフブログ

熊本市中央区小児科

〒862-0941 熊本市中央区出水1丁目5-38(1F)
TEL (096)371-9912

Copyright 2009 すえふじ医院 小児科 All Rights Reserved.