• すえふじ小児科

手足口病流行してきました!

最終更新: 8月7日


梅雨に入り手足口病の患者様が増えてきました。

毎年夏場になると流行する手足口病。

過去に「ヘルパンギーナ・手足口病」について症状の特徴や気をつけることなどを

まとめていますのでチェックしてみてください。

ヘルパンギーナ・手足口病はコチラ

基本的にはお薬を内服しなくても、自分の力で自然に治っていく病気ですが、

次のような場合は受診が必要です。

①口内が痛くて飲んだり食べたりができないとき

②高熱が3日以上続くとき

③グッタリしているとき

保育園や幼稚園で流行しているようであれば、手のひらや足の裏に

赤いブツブツが出ていないかチェックしてみましょう!

免疫力が落ちているときは(疲れているとき、寝不足など)

大人にもうつりますので注意しましょう!

#病気

116回の閲覧

熊本市中央区小児科

〒862-0941 熊本市中央区出水1丁目5-38(1F)
TEL (096)371-9912

Copyright 2009 すえふじ医院 小児科 All Rights Reserved.