• すえふじ小児科

水ぼうそう(水痘)


「水ぼうそう」は、幼稚園や保育園でもよく流行する病気なので、1度は名前を聞いたことのある方がほとんどかと思います。

水ぼうそうってどんな病気?

感染力は極めて強く、まだ罹ったことがない人と同じ部屋に水ぼうそうの人が居た場合、短時間でもうつっている可能性が高い病気です。

家族内で水ぼうそうが出た場合、まだ罹ってない家族は90%以上の確率で感染します。

症状としては、全身に水痘疹とよばれる発疹が出ます。熱は出る場合とでない場合があります。だいたい1週間程度で発疹がかさぶたのように枯れてしまえば、ほかの人に移すこともなくなります。

しかし、まれに合併症として髄膜脳炎・小脳失調・肺炎や肝炎を起こすことがあり、とても怖い病気でもあります。大人になってから罹ると、合併症を起こすリスクは高くなると言われています。

予防するには水痘ワクチンを接種することが1番です。

2014年からは日本でも公費接種となり、1歳から3歳になる前に2回、公費で接種することができます。忘れずに予防接種をしましょうね!

もしも、体に発疹がでてきて受診するときは、受付で発疹が出てることをお知らせください。

#スタッフブログ #病気 #子育て

熊本市中央区小児科

〒862-0941 熊本市中央区出水1丁目5-38(1F)
TEL (096)371-9912

Copyright 2009 すえふじ医院 小児科 All Rights Reserved.