• suefujiiinshounika

BCG接種後の経過


BCGの接種後「赤くなっているのですが大丈夫ですか?」と問い合わせをいただくことがあります。今日は、BCG接種後の反応についてお話します。


接種時にお配りしているパンフレットに、「コッホ現象について」というものがあります。

(下記写真、日本ビーシージー製造株式会社パンフレットより参照)

すでに結核に感染している赤ちゃんにBCGワクチンを接種すると、通常より早く、強く反応がでることがあり、これをコッホ現象といいます。

接種後3日以内に炎症や化膿がみられる場合はすぐに受診をしてください。


では、正常な経過を見てみましょう。※スタッフ子どもにて撮影



接種後1ヶ月頃から化膿がみられ、その後、皮が剝がれていきます。びっくりするかと思いますが、通常の経過です。接種後6ヶ月過ぎから赤味が落ち着き始め、接種1年後には

針痕は残りますが、赤味はほぼなくなります。


化膿してきた頃や、皮膚が剥がれた頃に感染を起こすと、炎症を起こして汁が出てくることがあります。そんな時は受診してください。

24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示