• すえふじ小児科

トイレトレーニング Part 1

便秘とトイレトレーニング




1歳半頃~3歳頃になるとトイレトレーニングが始まります。

トイレトレーニングは子どもの発達段階に応じてスタートします。


 ①ひとりで歩ける 

 ②ひとりでオムツやズボンの上げ下げができる 

 ③コミュニケーションがある程度とれる 

 ④簡単な指示に従ってくれる 

 ⑤意思表示ができる 

 ⑥排便リズムがなんとなく整ってきている


以上のようなことができているならば、トイレトレーニングを始めても良い段階です。


しかし、トイレトレーニングは便秘があるとうまく進みません。

硬便を出す時に強い痛みがあったり、出血した経験があると、便意を感じても排便を

我慢するようになります。(排便恐怖症)

便を出すことが苦痛なので、トレーニングを無理に行うと、排便やトイレに行くことに対する不安や恐怖心がより増してしまい、精神的苦痛を感じるようになります。

上記であげたような便秘の症状があるならば、まずは便秘を改善させましょう。


また、それまで順調だった排便でも、トレーニングを始めたことによって便秘になる子も

多くいます。排尿の場合は、トレーニングを繰り返すうちにだいたい解決していくことが

多いですが、排便は出すことができずに便秘がちになり、トレーニングを難航させます。

無理にトレーニングを進めると便秘を悪化させ、トイレで便をすることを嫌がり、

我慢することを覚えます。


トイレで便を出すと気持ちいい!と子ども自身が思うためには、便秘解消は大切です。

便秘でお悩みの方はどうぞ受診されてくださいね☆

熊本市中央区小児科

〒862-0941 熊本市中央区出水1丁目5-38(1F)
TEL (096)371-9912

Copyright 2009 すえふじ医院 小児科 All Rights Reserved.