• すえふじ小児科

季節のものシリーズ:冬①乾燥肌


本格的に寒くなりましたね!!

この時期困ることが多いお肌の乾燥!!

子どもの皮膚は大人よりもデリケート。より注意が必要です。

正常な肌と乾燥肌の違いは・・・

正常な肌 乾燥肌!!

正常なお肌は上の図、左の状態。

角質層が揃い、皮脂でしっかりカバーされています。

このようなお肌はすべすべで、細菌の進入も防ぎやすいです。

乾燥したお肌は角質層が整わず、右図のようにバラバラです。

この状態では、カサカサでバリア機能が弱く、細菌も進入しやすく炎症を起こしやすくなります。ガサガサ、ゴワゴワ、赤みがある時は軟膏治療も必要です。

子どものお肌は・・・

皮脂の分泌が少なく、角質層の厚みは大人の半分。

皮膚を守る力はまだまだ未熟です。

だからこそ、保湿 が大切!!!

しっかり保湿することで、湿疹予防、かゆみ防止になります。

潤う肌は外敵の進入も防ぎます。

乾燥肌に大切なのは、タ~ップリ保湿。バラバラになった角質層を繋ぎとめる、膜を作るイメージで保湿をして欲しい!

早めの手厚いお手入れで、潤うお肌を保ちましょう!!

それでも間に合わないときは軟膏治療も大切です。

当院ではスキンケア、保湿で対応できることを目標に、治療、お手入れの提案をしています。

スキンケア指導を含め、各肌トラブル、

アトピー性皮膚炎、乾燥肌、カビ・真菌等による皮膚炎にも対応しております。

お気軽にご相談ください。

*皮膚断面図は(株)マルホ ホームページより抜粋しています。

#病気 #スタッフブログ

29回の閲覧

熊本市中央区小児科

〒862-0941 熊本市中央区出水1丁目5-38(1F)
TEL (096)371-9912

Copyright 2009 すえふじ医院 小児科 All Rights Reserved.