• すえふじ小児科

伝染性紅斑(りんご病)


どういう病気?

頬に紅斑(リンゴのようにみえる真っ赤なほっぺ)が出現し気付くことが多い、ウイルス性の病気です。冬から春にかけて流行します。

学童期に流行することが多く、終生免疫(一度かかるとかからない)を獲得できる病気です。

原因・症状

 ヒトパルボウイルスB19というウイルスが原因です。

16〜17日の潜伏期のあと、頬が真っ赤になり、1〜2日後から、上肢 → 大腿の順に紅斑が現れ、レースのような編み目状になります。

発疹はかゆみを伴うこともあり、日光、温熱により再び現れることがあります。

2〜3週の経過で治ります。 発疹が現れた時には人にうつす力はなくなっています。  妊婦さんがかかると胎児が感染し、胎児水腫(たいじすいしゅ)を起こして妊娠の継続が困難になることがあるので注意が必要です。

診断と治療

通常、流行状況や、特徴的な顔の紅斑などが認められれば診断は難しくなく、検査をすることはありません。

多形滲出性紅斑(たけいしんしゅつせいこうはん)、じんま疹、薬疹などと区別を要することがあります。

 このウイルスに対する特効薬はありません。必要に応じて対症療法を行います。

#病気

211回の閲覧

熊本市中央区小児科

〒862-0941 熊本市中央区出水1丁目5-38(1F)
TEL (096)371-9912

Copyright 2009 すえふじ医院 小児科 All Rights Reserved.