• すえふじ小児科

赤ちゃんの歯


8カ月の赤ちゃんのママからのお電話。

「歯が1mmほど出てきていて、少しずつ伸びていたのに、今日、急になくなってます!」と。

そのお母さんが歯と思われていたもの…もしかしたら上皮真珠腫(※)だったのかも??

(※)上皮真珠は、歯の発育過程で組織に一部が吸収されずに残遺し、変化して角化したもの。白色や黄白色の小腫瘤で、新生児や生後数ヶ月の乳児に見られます。


赤ちゃんの歯はおおよそ8ヶ月前後から生え始め、1歳頃までに前歯が生え揃い、3歳頃に噛み合わせが完成します。

赤ちゃんの月齢別の歯の生え方は…

7〜9ヶ月頃 ★ 下の前歯が2本生えてくる

10〜11月頃 ★ 上の前歯が2本生えてくる

1歳頃 ★ 上下2本ずつ生えてくる

1歳5ヶ月頃 ★ 第一乳臼歯(手前側の奥歯)が生えてくる

1歳8ヶ月頃 ★ 前歯と奥歯の間に犬歯が生えてくる

2〜3歳頃 ★ 第二乳臼歯(奥側の奥歯)が生えてくる

あくまでも平均的なもの。他の成長と同じく歯の発達も個人差が大きいものです。

まれに産まれてまもない頃から歯がある赤ちゃんもいます。

知らないとビックリしますよね。

異常ではなく、慌てる必要はありません。虫歯になりやすかったり授乳の際に乳首が傷つくことがあるので少しだけ工夫が必要になります。

皆と同じではなくても大丈夫なこと、実はたくさんあるんです。

何ごとも焦らずに、成長を見守っていきましょう!!

このままで良いのかな??と思ったときは、すぐにご相談ください。

お子さんもママも、笑顔が一番!ママの笑顔はお子さんにもパパにも連鎖します。

皆で笑顔の輪を広げましょう~~。


#子育て #病気 #スタッフブログ

91回の閲覧

熊本市中央区小児科

〒862-0941 熊本市中央区出水1丁目5-38(1F)
TEL (096)371-9912

Copyright 2009 すえふじ医院 小児科 All Rights Reserved.