• すえふじ小児科

赤ちゃんの服装


朝晩はすっかり肌寒くなりましたね。

「赤ちゃんには何を着せたら良い?」

「寒くないかしら??」

悩んでいる方も多い様子。

服を着せすぎて、汗をかいていませんか?

何枚も何枚も重ね着をしすぎて、動きにくくなっていませんか?

実は、冬場でも汗疹で受診される赤ちゃん、多いんです。

基本は薄着で、寒い時は羽織るもので調節。室内に入ったら羽織を脱がせる、と考えましょう!!

室内での服装の目安としては下着(短肌着・コンビ肌着・ロンパース)+ツーウェイオール(長袖シャツ+ズボン)で十分です。


春・秋は基本は肌着と上着の2枚で過ごします。

外出時も春・秋は肌着と上着の2枚で大丈夫です。

涼しい日に外出する時はアウターとしてベストや薄手のジャンバーやカーディガン、パーカーを来て防寒をしましょう。

注意:公園などで遊ぶときは、パーカーの紐やフードが遊具にひっかかると危険です!!!遊具で遊ぶときは、脱がせて遊びましょう!!

#子育て #スタッフブログ

104回の閲覧

熊本市中央区小児科

〒862-0941 熊本市中央区出水1丁目5-38(1F)
TEL (096)371-9912

Copyright 2009 すえふじ医院 小児科 All Rights Reserved.