• すえふじ小児科

小児保健研究会


熊本小児保健研究会に行ってきました。

発達性読み書き障害、ディスレクシアについて、

国立成育医療研修センター こころの診療部、小枝達也先生のお話しがありました。

生まれながらの脳の障害とされている学習障害でもトレーニングで変わる。

緩和できる方法がありますとのこと。

成育医療センターでは、解読療法のアプリも作られています。

語彙指導と音読指導についてもわかりやすくお話がありました。

検査をして悪いところだけを注視するのではない。

何が悪いではなく、苦労していることは何かを探して欲しい。

と言われていたことが印象的でした。

音での理解は困らないディスレクシア。

大人の語彙から学ばせるとよいともおっしゃっていました。

学校の現場での取り組みも聴くことができ、とっても有意義な時間でした。

学習障害の診断がついても脳は発達する!!

病名ではなく、その子自身をみていくこと。

子どもの力を信じ、引き出すことができるサポーター、理解者は1人でも多いほうがいよいですよね!!

日曜の午後、定員100名のところ290名の参加者で、第2会場としてモニタールームが準備されていました。

熊本にもたくさんの熱意ある医療者、先生がいらっしゃること嬉しいですね。

#子育て #病気 #スタッフブログ

熊本市中央区小児科

〒862-0941 熊本市中央区出水1丁目5-38(1F)
TEL (096)371-9912

Copyright 2009 すえふじ医院 小児科 All Rights Reserved.