• すえふじ小児科

赤ちゃんの溢乳




「おっぱい(ミルク)の後、いつも吐いてしまうんです。」


3か月位までの赤ちゃんのママからよく受ける質問です。


赤ちゃんが吐いてしまったら、とっても心配ですよね。


首が座る3か月頃までの赤ちゃんの胃はとっくりの形をしていて、胃の入り口の筋肉も発達していないので胃に入った母乳やミルクが逆流しやすいのです。

大人が思っている、CMに出てくるような胃の形をしていません。

そのため、授乳直後はちょっとした刺激で吐くことが多く、ゲップをうまく出せなかったとき,母乳やミルクを飲みすぎたときなどもゲップと一緒に吐くことがよくあります。


口からタラタラと流れるような溢乳(いつにゅう)や、ゲボっと吐くもの、噴水様に吐く事も稀にあります。


噴水様に吐くときは、幽門狭窄症などの腸の病気や髄膜炎などの可能性もありますので、

すぐに受診をしてください。


少量ずつ吐く事があっても、体重が増えていて元気があれば心配ありません。


対処法としては、授乳後はしっかりゲップをさせること、その後しばらく縦抱きにしておきましょう。まだ首が座っていない子であれば、横抱きでも頭が高くなるように抱っこしてみてください。

また、母乳の勢いが良すぎるときは、少しだけ搾ってから、勢いを弱めてから飲ませると良いでしょう。




21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

熊本市中央区小児科

〒862-0941 熊本市中央区出水1丁目5-38(1F)
TEL (096)371-9912

Copyright 2009 すえふじ医院 小児科 All Rights Reserved.